カテゴリー: uncategorized

【公開シンポジウム】「大学教育と建築教育のこれから」開催のお知らせ

横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院Y-GSAでは、内藤廣氏、北山恒氏、妹島和世氏をお迎えし、「大学教育と建築教育のこれから」について議論する、公開シンポジウムを開催いたします。入場無料、申し込み不要です。
奮ってご参加ください。

日時:2022年10月24日(月)16:30-18:00(開場16:15)
会場:横浜国大経済学部講義棟2号館111教室(キャンパスマップ|N4-③)
パネリスト:内藤廣、北山恒、妹島和世、西沢立衛
モデレータ−:藤原徹平

大西麻貴教授が第18回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館のキュレーターに決定

2023年5月に始まる第18回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展に出展する日本館の企画、構成を担うキュレーターに大西麻貴教授(都市イノベーション研究院Y-GSA)が選ばれました。

「愛される建築を目指して」をテーマに、テキスタイルデザイナーや写真家らとチームを結成します。吉阪隆正が設計した日本館の建築にマントをかけて心地よい空間をつくり、人々の対話の場とする計画です。愛知県常滑市の工場と協力して光を反射するタイルを使用、理念を紹介する模型なども展示されます。

【2月19日(土)開催】第5回都市科学シンポジウム「都市を複眼的に思考する

都市科学部では、第5回都市科学シンポジウム「都市を複眼的に思考する」を開催します。本シンポジウムを通し、都市科学/部の「現在地」を可視化するとともに参加者とともに都市科学の未来を描きます。

建築学科からパネリストとして松本由香教授が登壇します。

 

詳しくはこちら

都市イノベーション研究院教員がラジオ出演し横浜の近代建築の魅力について解説しました

都市イノベーション研究院 菅野 裕子特別研究教員がラジオに出演し、横浜の近代建築の魅力について解説しました。
放送日時、放送メディア等の詳細はこちら

JICA草の根技術協力事業キックオフ会議が開催されました

令和3年4月28日、JICA草の根技術協力事業「ベトナム国ダナン市の市民を対象とした効果的な省エネ向上プロジェクト」のキックオフ会議がベトナム国ダナン市にて開催され、佐土原聡教授(副学長)、田中稲子准教授、張晴原客員教授が遠隔にて出席しました。

詳しくはこちら

【予告】2021年10月入学及び2022年4月入学 大学院都市イノベーション学府博士課程前期・博士課程後期入学試験について【Preliminary Notice】entrance examination of Master’s Program and Doctoral Program for October 2021 and April 2022 at Graduate School of Urban Innovation

2021年10月入学及び2022年4月入学 大学院都市イノベーション学府博士課程前期・博士課程後期入学試験について【予告】を掲載しました。
詳細はこちらのページをご覧ください。

【Preliminary Notice】entrance examination of Master’s Program and Doctoral Program for October 2021 and
April 2022 at Graduate School of Urban Innovation. For more details, please refer to the link below.
(Link:https://www.urban.ynu.ac.jp/admission/index.html

令和2年度一般入試について

一般入試学生募集要項を配布中です。出願にあたっては、必ず本学一般入試学生募集要項を取り寄せて、出願に必要な事項を確認してください。

 

詳しくはこちら

羽沢横浜国大駅が開業、「ハザコクフェスタ」が開催されました

相鉄・JR直通線開業当日の11月30日(土)、羽沢横浜国大駅前広場にて、新駅開業記念イベント「ハザコクフェスタ」が開催されました。
「ハザコク トークライブ」では、学長補佐(広報・地域担当)の高見沢 実 教授(都市計画)が登壇し、相模鉄道株式会社、横浜市、寺田倉庫株式会社、日鉄興和不動産株式会社の代表者とトークセッションを行いました。

 

詳しくはこちら

公開講座《地域社会(一般)向け》横浜防火帯建築を読み解く

藤岡泰寛准教授らが講師を務め、全5回シリーズで戦後の原風景をつくった「横浜防火帯建築」を読み解きます。詳しくはこちら

2018年度地域連携シンポジウムが開催されました

2019年2月15日(金)横浜情報文化センター6階の情文ホールで『2018年度 横浜国立大学地域連携シンポジウム』が開催され、高見沢実教授(学長補佐)が「横浜国立大学の地域連携の現状と課題」と題した基調報告を行いました。詳しくはこちら