アーカイブ: 授業・プロジェクト

「社会デザイン・フューチャーセッション」授業レポート

2018年から開講し、今年で2年目となる「社会デザイン・フューチャーセッション」。これから社会に出て仕事に携わる学生にとって、将来のキャリアデザインを考えるヒントが詰まった授業です。

建築に関わる仕事の中で、面白い働き方や活動をしている人たちは、都市や社会をどのようにデザインしているのでしょうか? 今年は2日間の開催で計5名のゲストを招き、仕事に取り組むうえでの考え方や目指すもの、これまでのキャリアをどのように築いてきたかなど、リアルなお話を聞きました。その様子をレポートします。

「社会デザイン・フューチャーセッション」での学び

大学を卒業・修了したあと、建築に関わりながらどのように都市や社会をデザインしていくか? これからのキャリアを考えながらキャンパスライフを送る学生にとって、建築の現場で働く先輩たちのリアルな話が聞けるのは貴重な機会です。「社会デザイン・フューチャーセッション」では、第一線で働く人をゲストに招き、対話によって学生たちの能動的な思考を引き出します。本年度の講義の全体調整を担当したイスラーム建築・都市史研究を専門とする守田正志准教授に、この授業での狙いを聞きました。

守田正志 :建築の学びの中には、多岐に渡る分野があります。社会のあり様が急激に変化し、働き方も多様になっている時代だからこそ、できる限り多様なバリエーションを学生たちには提示したいと考えています。本授業では建築学科で教鞭を執る5つの専門分野(建築史、都市計画、建築設計、建築構造、建築構法・生産)の先生が、それぞれ1名ゲストを選びました。


今年の社会デザイン・フューチャーセッションに登壇したのは、以下のゲストの皆さまです。

・畔柳知宏(ジミクロ)
・坂田裕貴(Handi House Project)
・久山幸成(クライン ダイサム アーキテクツ)
・三渕卓(東急電鉄)
・宮田雄二郎(宮田構造設計事務所)
(五十音順、敬称略)

このうちHandi House Projectの坂田裕貴さんと、宮田構造設計事務所の宮田雄二郎さんの講義をピックアップし、その概要をご紹介しましょう。

 

フラットな関係性から建物を作る「Handi House Project」(坂田裕貴さん)

作るプロセスをオープンにした建築を手がける「Handi House Project」。立ち上げ当初に掲げたモットーは「妄想から打上げまで」でした。この言葉には、建物を構想する段階から打上げまでを「お金を出す人・作る人が一緒に過ごす」という思いが込められています。

Handi House Projectの坂田さんをゲストに招くことを決めたのは、建築構法計画・建築生産、コンバージョン・リノベーションなどのストック活用を専門とする江口亨准教授でした。

江口亨 :坂田さんは学生の皆さんに年齢も近く、僕らの感覚とは違うものを持っていらっしゃると思います。建物を作るとき、一般的には一番偉いのはお金を出す人で、その人が設計者と話をする。その下に下請けや孫請けの施工業者がいる上下関係が明確にあり、大きな建物を作る場合には縦の関係がどんどん強くなります。効率は良いですが、関わる人同士がフラットに話ができる関係は、そこにはありません。でもHandi House Projectさんは、この縦の関係を真横にしました。これが、これからの時代の建築ではないかと僕は感じています。


縦割りの分業を前提とした建築の現場では、誰が何を作っているのか、誰に何のお金をいくら払ったか、お施主さんが把握することはできません。一方で集合住宅のような大きな規模になると、作る側もユーザーとの距離が離れてしまい、どのように使われるかが分かりません。このような見えないこと・分からないことが、ストレスやクレームを生みやすくしているのではないか――。もともとアトリエ系の建築事務所、ゼネコンの現場監督、内装デザイン事務所に勤めていたHandi House Projectの立ち上げメンバー4人が、現場で感じたこのような問題意識からスタートしたのが、横並びのチームでプロセスを見える化する今のスタイルでした。2011年に個人事業主のユニットとして活動をスタートしたHandi House Projectは、昨年法人化し、活動の幅をさらに広げています。

彼らの特徴はフラットな関係性だけにとどまりません。設計も施工も自分たちで手がけるからこそできる、お施主さんを巻き込みながら作るワークショップ型の施工は、他にはなかなか類を見ない手法です。主には住宅や個人店舗を手がけていますが、お施主さんとの対話から、施工段階でも当初の図面をリクエストに応じて変更することや、別の可能性を提案することもあると言います。

坂田裕貴:例えばご主人が映像監督で、奥さんがアンティークショップのオーナーをやられている家を手がけたことがあります。そのときは古材や家具などが自然と集まってきたり、ご主人が自主的に部屋の扉を作られたりと、設計者が図面上で計画しても絶対に生まれ得ない、素敵な家になりました。

作るプロセスを共有しているからこそ、お施主さんのキャラクターを家に反映することができます。住んでいる人と作る人の即興性が生まれ、面白い家になる。僕らは、家はエンターテインメントだと捉えています。家づくりは『ライブ』です。記憶にも残るし、楽しい経験にもなるから、その家に子どもがいたら、子どもがものづくりに興味を持つきっかけにもなる。建築にとっても、明るい未来につながるのではないかと思っています。


木造研究を極めた建築構造技術者、宮田雄二郎さん(宮田構造設計事務所)

建物の骨組みを設計する、建築構造技術者として活躍する宮田さん。横浜国立大学の卒業生でもあり、大学を出ると構造設計事務所のプラス・ワンに就職し、数多くの構造設計を手がけました。その中で「木造」との出合いがあり、30代では東京大学で木造研究に打ち込みながら、構造設計に携わります。その後、自ら設計事務所を立ち上げ、現在は法政大学でも教鞭を執っています。

そんな宮田さんを招いたのは、二重膜構造、空間構造による構造システムの設計と解析を専門とする河端昌也准教授です。

河端昌也 :今、木造は改めて注目されていますが、宮田さんが研究を始めた15年前は全然そういう雰囲気はありませんでした。僕も話を聞いて『なぜ木造なんだろう』と思った記憶があります。そのような中で木造を学び、やがて独立されました。

建築を作るためには、構造がとても大事です。かっこいい建築を作るためには、安全に、そして法規的に作らなければなりません。そのためにはどうしたら良いかを考えるのが、構造設計です。建物がどのように壊れるか、実験による裏付けも必要で、宮田さんはそれを繰り返して今に至っておられる方です。


20代に所属していたプラス・ワンでは「建築家のデザインを実現するために、どのように技術的に解決するかをひたすら考えていた」宮田さん。「必ず実現できる方法はあるから、できないとは言うな」と教えられたそうです。その一方で、すべてをデザイン優先で作るのではなく、コストや安全性、施工性、社会的な責任などを天秤にかけたときの「判断」のあり方もここで学びました。つんのめってしまいそうに見える建物の実現例や、「柱をとにかく細く」という建築家の要望への対応など、紹介されたいくつもの事例から、構造設計者の苦労と技術が垣間見られました。

構造家には、構造計算だけでなく、接合方法などのディテールを一つひとつ考案する能力も問われます。木造の構造設計を担当したとき、木造のディテールについては参考になる資料がほとんど存在しないことに宮田さんは気付いたと言います。

宮田雄二郎:木造が相当難しいという現実に直面したことが、きっかけの一つになりましたね。そしてもう一つのきっかけが、コンクリートの建物を設計したときに、膨大な実験をもとに自分で書いた論文を見ながら、技術提案をしていたメーカーの担当者に出会ったことでした。

普通の構造設計者は出版された本を読み込み、そこでの知識で設計をするのですが、その担当者は自ら実験をして得た経験によって設計をしていたんです。衝撃を受けました。この二つのできごとをきっかけに、30歳でプラス・ワンを退職して、木造の研究に進むことにしました。


5名のゲストとの対話を終えて、最後に守田准教授が今年の「社会デザイン・フューチャーセッション」をこう締めくくりました。

守田 :5名のゲストのお話を聞いて、いわゆる『縦割りの社会』が崩れてきているのを感じました。第一線で活躍している人は皆、自分で手を動かし、仕事を作っていることが、共通して見えてきましたね。これからの社会で問われているのは、いかに既存の枠組みにとらわれず、新たな仕事を生み出していくかということかもしれません。


取材・文:及位友美(voids)
写真:大野隆介

「絵画・彫塑・基礎デザインⅠ」授業レポート

本学の建築学科では、1年次から始まる専門課程の学びの中で、数学や哲学、歴史や芸術などの「教養」を学習する側面があります。中でも対象物を捉える基本的なデッサン力と、立体的な造形力を身に付ける「絵画・彫塑・基礎デザイン」は、選択科目でありながら毎年ほぼ全員が受講している授業です。

「絵画・彫塑・基礎デザイン」では、建築に携わるうえで必要不可欠な、人の身体を捉える視点を養います。どのように「人」を観察し、新たな視点でクローズアップしていくか? 学生たちの学びをレポートします。

「絵画・彫塑・基礎デザインⅠ」はどんな授業?

1年次の春学期と秋学期、それぞれに別の内容がプログラムされている「絵画・彫塑・基礎デザイン」の授業。まずは春学期に開講している「絵画・彫塑・基礎デザインⅠ」の内容をご紹介しましょう。

春学期「絵画・彫塑・基礎デザインⅠ」
・絵画(デッサン)
・彫塑(人物像制作)

半期をとおして、紙に鉛筆で描く自画像のデッサンと、粘土を素材に友人の頭部像を制作する彫塑に取り組みます。ガイダンスを含め1日90分×2コマ、計7日間の制作時間がデッサンと彫塑のそれぞれに設けられ、じっくりと制作ができるプログラム。

本授業を担当する高畑一彰先生は、東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻を修了し、彫刻家として活動するアーティストです。また本学だけでなく、美術予備校や美術大学などでも教鞭を執っています。

友人像の細部、髪の毛を作り上げていくとき、「へら」で髪の毛を描いてしまうとただの線になってしまいます。髪の毛のボリューム感を、粘土で形づくるようにしていこうと高畑先生はアドバイスします。

「美術や彫刻の基礎的なスキルがなくても受講できるのか?」と気になる方がいるかもしれませんが、心配は要りません。建築学科に本授業がある目的は、上手な絵の描き方、彫刻のつくり方のスキルを身に付けることではないからです。

また一人ひとりの学生が、授業中に先生から直接アドバイスをもらいながら作るため、基礎的な造形力を補いながら作品づくりに取り組むことができます。はじめは戸惑いながら制作をしていた学生も、先生のアドバイスや仲間の様子に刺激を受けながら、自分なりの視点を見つけて制作に打ち込んでいきます。

 

2つの課題、絵画(デッサン)と彫塑(人物像制作)の狙い

毎年春学期にプログラムされている、自画像を描く絵画(デッサン)と、友人の頭部像を粘土で制作する彫塑(人物像制作)の課題。それぞれの狙いを、高畑先生に聞きました。

髪の毛の後ろに隠れている耳の後ろの骨、頭蓋骨の終わりの部分を意識することで、首と頭のつながりが見えてくるとアドバイスをする高畑先生。

高畑:デッサンは絵画を描くときの基本ですが、毎年この授業では学生に自分の姿、自画像を描いてもらっています。学校に入って間もない学生たちは、希望や期待、不安がごちゃ混ぜにあるような状態です。この授業では、単に何かを描くのではなく、そのときの自分の姿を見直し、自分の心情を表すことに挑戦してもらいたいと考えています。学生たちは、見慣れている自分の顔を改めて客観的に見る。そんなものの見方を身につけることを目指しています。

さらに友人像を粘土で作る際には、二人一組になって向き合い、何もないところから粘土の塊で友人の頭部を立ち上げていきます。少人数制の本学では、学生たちは毎日のように顔を合わせているでしょう。そんな友人の顔を改めて彫刻にするとき、いつもと同じ見方では作ることができません。前だけでなく横や後ろなど、いくつもの角度から友人の顔を捉え、普段は気付いていなかったことにも、気付く必要があるでしょう。そして友人の顔を改めて捉えなおしながら、制作していかなければなりません。この授業では、新たな視点でものごとを捉える“目”を養ってもらいます。これまでには見えていなかったことに、気付いてもらえたらと考えています」

顔の「骨格」を観察し、形を捉えて粘土を取ったり付けたりしていきます。制作途中の像は近くで見るのではなく、少し離れて距離を取り、見直してみることが大切です。

 

自分にとっての「等身大」の大きさを探る

粘土の彫刻は、芯となる木の棒「芯棒」を立てただけの何もない状態からスタートします。課せられた課題は、「等身大のリアルな大きさ」を目指して作ること。

学生たちが制作した友人像を見ていると、人によって頭部の大きさがまちまちで、小さい頭もあれば大きい頭もあったのが印象に残りました。そこには学生たちの「個性」が表れているのでしょうか。彫刻作りは、芯棒に粘土をつけながら、自分にとっての「等身大」の大きさを見つけていく作業になると高畑先生は話します。

高畑:『等身大』といっても、その人なりの等身大の大きさがあると思うんです。あまり制約を設けると面白くないので、厳密に同じ寸法にするということではなく、ある程度自由度をもって制作してもらうようにしています。

 

ガイダンスを含めた計7回ずつの制作を終えると、最後に講評会を行います。自画像と彫塑を合わせて実施する講評会では、学生たちがそれぞれの作品をどのような気持ちで制作したか、またどのようなところに注意をしたか、自分なりのポイントをコメントします。それに対して高畑先生がコメントを返し、場合によっては学生同士で質問や意見を交わすことも。作り上げた達成感を得られる時間です。

2コマ3時間の授業中、おしゃべりをしながらリラックスした雰囲気の中でも、学生たちは高い集中力を保って制作に打ち込んでいます。

「絵画・彫塑・基礎デザインⅡ」で取り組むこと 

本学の建築学科は1学年70名の少人数制です。選択科目でありながらほぼ全員が履修する「絵画・彫塑・基礎デザイン」は、1学年をA・B・C・Dの4グループに分け、1グループ16名前後で行っています。そして春学期を受講した学生は、ほぼそのまま秋学期の授業を受講するため、グループもシャッフルすることなく持ち上がるそうです。

続いて秋学期の「絵画・彫塑・基礎デザインⅡ」の様子も、少しだけご紹介しましょう。

秋学期「絵画・彫塑・基礎デザインⅡ」
・テーマ「知覚する椅子」

秋学期の「絵画・彫塑・基礎デザイン」では、自身が座ることを前提とした椅子を作ることが課題になります。導入として椅子を彫刻するためのドローイングを行い、木材や身のまわりにある日常的な素材など、各自で素材を用意して制作に取り組む授業です。

椅子を制作するプロセスでは、デザインをして、加工をして、最終的に自分で座ることができる椅子を作るため、構造的な課題が出てきます。ここではデザインを大切にしながらも、構造に伴ってどのような材料で制作に取り組むかを考えます。

高畑先生は「知覚する椅子」の課題をとおして、学生たちにどのような学びを期待しているのでしょうか。

高畑:私たちの生活の中にある椅子は、直接的に身体に関わるものですよね。座ることによって、身体にどんな作用が起こるのかを考えてもらうことが、この授業における大きなテーマだと思っています。

春学期のデッサンや彫塑にも『人』に対して向き合うテーマがあり、後半の椅子でもやはり『人』に関わることが大きなテーマになっています。一年をとおして、結局同じようなテーマに取り組んでいるのかもしれませんね。

 

1年次の学生たちが、これからどんな分野に進んでいくかは分かりません。将来、何らかの形で建築に携わるとき、人間の身体に建築がどのように作用するかを考えることは、欠かすことのできない視点になるでしょう。自己や他者に向き合う姿勢が求められる「絵画・彫塑・基礎デザイン」は、このような視点を身に付けることを目的とした授業です。

取材・文:及位友美(voids)
写真:大野隆介

地球環境計画演習:ひとやすみマップ

平成25年度地球環境計画演習(秋学期:工学部3年次~)課題「YNUエコキャンパスプロジェクト」のなかで「常盤台キャンパス ひとやすみマップ」を作成しました。
屋外のベンチ・椅子の場所の地図と、各所の日当たりや視界の広がり、おすすめコメントなどを掲載しています。マップを見た方々の好みや目的から「心地よい」と思える場所を選んでもらえるようにとの思いで作られています。屋外でのひとやすみに、是非ご利用下さい。
PDFファイル:ひとやすみマップ

建築学概論・演習(MOOM)

1年生の導入教育として、全員でMOOMと呼ばれる仮設構造物を組み立てます。MOOM(モーム) とは東京理科大学の小嶋一浩研究室で考案された新しい膜構造の仮設建造物です。YGSAスタッフや学生のサポートにより、組み立てから解体までを体験します。